【使わないと大損】居酒屋でのLINE@活用法

【使わないと大損】居酒屋でのLINE@活用法

こんにちは。もとちかです。

居酒屋での集客、固定客の獲得などなかなか成果が出ていない人必見の記事です。

LINE@という事業者向けのLINEがとても便利で、使わない手はないというくらいのものなんです。

今回は居酒屋でLINE@が常連さん化させるのに最適なツールであることを解説していきます。

【使わないと大損】居酒屋でのLINE@活用法

今やLINEはほとんどの人が使っているといっても良いほど、誰もが知っているアプリとなりました。

少し前まではメールだったわけですが、LINEの手軽さと通信速度の早さによって、今やメールを使っている人がかなり減ってきた時代です。

そんな中、店舗用のLINEがあることを知っていますか?

そう、それがLINE@です。

そもそもLINEとLINE@は何が違うのか

LINEとは基本的に知り合い同士で1対1でやり取りするか、グループを作って大人数でシェアすることが多いですが、LINE@の場合、お客さんが友達追加してくれると、お客さん側からは店舗の方にLINEが行きますので普通に1対1のように使えます。

店舗側からももちろん1対1のLINEはできるのですが、店側にはもう一つメッセージという送り方ができるのです。

このメッセージを使うと、その店舗のLINE@に友達追加してくれている人、全員に一気に送ることができます。

しかも送る側は1通送信したものと変わらないですが、お客さんには個別に全て送られるのです。

通常のLINEだとグループなどを作って、そのグループ内の発言が全員に見えてしまいます。

ですが、LINE@の場合は個別に全員に遅れるので、お客様から返信が来ても店舗側の人しか見れないようになっています。

チラシ配りをするなんかより、1クリックで何人もの人に遅れるので、とてもコストパフォーマンスがいいです。

またその他にも、クーポンやスタンプカードなど使える機能が充実しています。

どのような機能があってどのように使っていくのかを見て見ましょう。

LINE@の活用事例

LINE@では複数の機能があります。しかも、最初は無料で始められるので、手軽に始めてみて、効果があるのかも判断できます。

有料で使える機能に関してはこちらをご覧ください。

https://at.line.me/jp/plan

今回は主に無料の範囲でできることを紹介し、なおかつそれをどうやって使ったら集客につながるかというところまで話していきます。

メッセージ機能

これは少しお話ししましたが、店側から多数の人に向けて一斉に文章を送る機能です。

例えば「ドリンク半額キャンペーンやります」みたいな文章を送ります。そこからそのキャンペーン中の予約なんかもお客さんがその店から来たLINEに返信するだけでできてしまうのです。

お客さんからしたらとても便利ですよね?しかも友達を増やせば増やすほど、店がメッセージを送る価値が高まっていくわけです。一気に送れる人数が増えていくわけですから。今までは100人にDMハガキなどを有料で頼んでいた人もこれで簡単に無料で告知できてしまうんです。

どんどんLINE@の友達を増やして1000人を超えた日には毎日相当な数のお客さんで溢れかえるようなお店にすることも可能でしょう。

実はLINE@の効果として友達の数の10%の人が来店したというデータも多数起こっています。

例えば「本日は、希少なマグロのほほ肉が入りましたので、本日限りで一人前500円で売り出します。」とメッセージを送ったらそれだけで10%の人が来てくれたら100人、仮に5%の人しか来なかったとしても50人の人が来店してくれます。

すごくないですか?

居酒屋は単価が高いため、50人も来たらそれだけでその日は20万くらい売り上げを出せてしまいます。

だからこそ友達をどんどん増やしていければ効果は絶大なものになります。

ちなみにですが、求人などもこれを使っているところもあります。飲食業界では人材不足になっているところも多いので有効的に使えます。

1対1トーク

こちらは通常のLINEとあまり変わりありませんが、店と個人がLINEできるというのは少し価値があるように思っている人もいます。

そして、何よりお客さんにメリットがあるのが予約をとるときの手軽さですね。

私がやっていた居酒屋でももちろん導入していますが、ここからの予約はかなり多かったです。

まだLINE使ってるのって若者ばかりじゃないの?と思っている人、時代遅れすぎです。今では年齢層幅広く使われているのが現状です。当店では40代、50代の人もLINEから予約を受けていました。

さらにこの手軽さは普段の会話のようにこの日空いてますか?と気軽に聞けるところです。もしその日が空いてなくても、すぎに違う日など、お勧めできます。

電話対応だと、アルバイトが対応して、そのまますみません。で断ってしまうケースも多いですが、LINEの場合はしっかりと考えてから対応できるので、満席の日でもアプローチの仕方で集客できるのです。

またLINEがあることにより、店員とのコミュニケーションの場となり仲良くなりやすく、結果常連化しやすいというメリットもあります。

来店した時もLINEでの会話が切り口となり、より来店時のムードも高めやすくなります。

クーポンの発行

クーポンを発行できます。今までのような紙媒体ではないので、お客さんもいちいち無くしたとかはないです。携帯さえ持ってきてくれれば使えるので、とても便利です。

クーポンの活用は実は新規の顧客獲得にとても効果があって、それを使いたいから友達追加してくれて来店する方もいます。

例えば、ウェルカムドリンク1杯無料だったり、LINE@限定のドリンクを1杯サービスなどどすれば付加価値にもなります。

友達の数を増やすためにはとても有効的なのがこのクーポンになるでしょう。

紙媒体だった時代にはクーポンを無くしたからいかなくていいやというお客さんもかなりの数いたはずです。

その人たちがきてくれるだけでも効果は高いです。

特に最初の友達が少ないときは、お得感の強いサービスをしてみるといいと思います。最初は原価がかかってしまいますが、メッセージのところでも述べたとおり、友達の数はその後の売り上げにとても重要な要素となってきます。

クーポンを使ってどんどん友達の数を増やしていきましょう。

スタンプカードの発行

これはショップカードとも言われていますが、主にスタンプカードの利用が多いです。クーポンと同じく携帯一つでいいので、お客さんは便利です。

スタンプカードは飲食店では当たり前になっていますが、これも固定客獲得へつながる要素となってきます。

何個たまったらこういうサービスが受けられるということも店側が決められますので、お客さんがお得に感じるシステムにしたいところです。

よくあるのが1界のご来店で1ポイントなどですが、私の中では3回のご来店もしくは2界のご来店でたまるスタンプカードとすることをお勧めしています。

スタンプカードは結局満タンになって使ってくれないとお客さんは得をしたと感じれないものなので、出来るだけ早いほうがいいです。

特に新規のお客様を2回、3回と来店してもらうことが飲食店にとっては重要なことです。その後の4回目、5回目の利用にも圧倒的に繋がりやすいからです。

ですので、そんなに原価のかからないものを2回満タンで使えるスタンプカードを作ることがいいでしょう。

インスタグラムとの併用で効果大

飲食店ではLINE@でまずは友達の数を増やしていきましょう。最初は100人、そのあとは500人、1000人と増やすよう努力することが実は売り上げをあげる近道であると思います。

もし友達の数が1000人獲得できたら、もう繁盛店もすぐそこです。

飲食店では料理の質は一定レベルの店もこれができて繁盛しているお店が多くできるようになりました。

実はインスタグラムやツイッターとも併用すると効果が高まります。友達の数を増やすことも早くなりますし、インスタグラムでのお客さんも増えていきます。

またyoutubeもとても有効的なツールとなりました。

人によって使っているSNSはそれぞれなので、いろんな媒体で相互にリンクしあってフォロワーや友達を増やしていくことをお勧めします。圧倒的にスピードが変わってきます。

飲食店ではまだまだインスタグラムが強いので、まずはインスタ。そこからLINE@へ流すというのが一般的な流れかもしれません。

インスタグラムの活用法についてはこちらでも解説しています。

SNSは無料のツールが多いのでそれを使って売り上げをどんどん上げていきましょう。

それではこの辺で。

SNSでもご購読できます。

富永一力のおすすめFX口座はこちら