FXで失敗する人の特徴【失敗から復活する方法も解説】

FXで失敗する人の特徴【失敗から復活する方法も解説】

FXを始めたんだけど、失敗している人の話をよく耳にするから、失敗しない方法を教えて欲しい。

FX初めて半年がたつけど、すでに大損していてFXをやめようかと思っている。常勝トレーダーの人たちはどうやってこの苦境を乗り越えてきたのか、教えて欲しい。

こういった疑問に答えていきます。


FXで現在常勝している人でも必ず失敗という道は何度も通ってきています。ですので、失敗をしない方法というものはありません。

ただ、先人たちが積み上げてきたもの、私自身が5年間積み上げてきたものを共有し、その知識を失敗を最小限に食い止める手助けが出来ると思いましので、この記事を書いていきます。

FXで失敗する人の特徴

FXで失敗する人の中に本当にいろんな人がいます。それはFXには正解がなく、常勝トレーダーに向かう道として、何百本もの道があるからです。

FXで失敗というのは簡単に言えば、大損をして、退場したり、借金を背負ったり、自分のキャパに見合わない状態に陥ってしまうことをさしています。

それでは失敗する人の特徴を解説していきます。

全てに共通することは損切りできないこと

全てはこれだと思います。いろんな失敗する理由はありますが、結局は損切りできずに自分のキャパに見合わない損失を被ってしまうことによりFXをやめてしまう人がとても多いです。

私も初めて半年くらいは何の知識もなく、今日は15万勝ったと調子に乗って、次の日には30万負けたみたいな日々も経験しました。

その時の自分はそんなことあるはずないとひたすら相場に対して、自分を肯定する言い訳ばかりを探していましたが、それでは何も解決しませんでした。そんな時にこのような記事があれば少しは失敗を最小限に抑えられたのではないかと今でも悔やみます。

大事なことは損切りをすることです。これからあらゆる場面の解説をしていきますが、損切りすることが大事というマインドを頭の片隅に置きつつ読み進めてもらえればいいと思います。

情報をリサーチしない

まず始めたばかりのトレーダーは確実にこれに打ち当たりますよね。何となくFX口座の使い方はわかってきたから、とりあえずトレードしてみるかとかね。

まあ取引する数量さえ抑えていればいいのですが、たまにそれさえもわからない状態でトレードしてしまう人もいるので、まずはデモトレードをするようにしましょう。何をするにもまずは壁当てから始めないと、無駄に高い勉強代がかかっちゃったりしますからね。

デモ口座を持っていない人はこちらからどうぞ。

デモ口座を開設する

数週間から数ヶ月たってくると大体のツールの使い方とかはわかってくると思うんですが、トレーダーとしての情報は皆無に近い状態です。ここからはブログやyoutubeなどで勝っているっぽい人のものをとにかく読み漁ったほうがいいです。

FXのチャートはどのようにして動くのか。正直初心者向けの本を1冊読んだくらいでは情報も知識もとても足りるものではないです。ただ、僕も本からスタートしたのですが、初心者の頃は悪くはないと思います。ひろ〜く、あさ〜い知識が網羅されているので、1冊くらい読んでおいてもいいかなと思います。

ちなみに僕が最初に読んだ本はこちらでした。

情報弱者はどの世界でも淘汰されることは間違い無いです。FXも毎日、毎月、毎年、少しづつ相場も変わりますので、情報収拾は常にしておいたほうがいいです。

特にFXの場合世界経済の情報はチェックしてないと、慣れてきてもドカンと大損食らうこともあるので、注意が必要です。

話は少し戻しますが、最近ではyoutubeがわかりやすくていいと思ってます。リアルに動的に解説してくれているので、とてもわかりやすいです。

参考までに私がいいと思っているFX系youtuberをご紹介します。

投資家FXsai

迷晴れFX

tommyFX

メンタルによる大損

FXはメンタルが一番大事ということをいう人もいるくらいメンタルは非常に重要です。それは自分がこうしようと計画を立てていても、それを実行できるメンタルが兼ね備わっていなければ実行できないからです。

一度負けトレードをしてしまうと、取り返そうとしたり、こんなはずじゃという錯乱状態に陥って、自分が想定したトレードは忘れてしまうんですよ。

その結果さらに負けを増やし、気づいた頃には損切りできない自分がいたり、取り返せないくらいの負け額を叩き出していることもあります。

ただし、メンタルに関しては多少の経験的なことも必要で、経験して少しづつメンタルが養われていくという風に私は思っているので、この失敗は防ぐことはd系無いのでは無いかと思っています。ただし、その失敗を最小限に抑えるいい方法があります。

それは運動した後にFXをするということです。運動をすると脳内がリフレッシュした状態になるので、無駄にムキになったり、メンタル崩壊になるリスクを減らすことができます。

科学的にも証明されていますし、私もやっていましたが、かなり効果絶大です。ちなみに負けトレードを1回したらランニングに行くとか決め事をしていると、1回の負けからメンタルが崩れにくくなるので、とてもおすすめです。

メンタルで面でこういった経験がある方はぜひやってみてください。

根拠のないテクニカル分析とファンダメンタル分析

最初のうちはブログやyoutubeをみて同じようにトレードしてみるのですが、それでは勝てないことを実感します。それはその人と同じようにトレードをしているつもりでもその背景が読み取れないからです。

FXでは分析や検証といった作業が実は一番大事です。

メンタルとか知識とかいろんな要素があるんですが、結局分析して検証して、自分の中ではこれなら勝てるというルールを作れて、勝ち続けていくと、もう何も怖く無いんですよ。

勝ちグセがついているとそれだけやっていればいいわけですからメンタルも崩れないし、淡々とトレードできるようになります。今の私もこういった状態にまで到達しました。

個人投資家の場合特にテクニカル分析が重要です。というのもファンダメンタル要素を分析しようが、誰よりも早い情報を得ることは不可能ですし、結局のところ指標発表で値は動くものの、テクニカルは効いてきます。ですので私はテクニカルが9割ファンダメンタルが1割くらいの気持ちで取り組んでいます。

慣れてくると訪れる出来ると勘違いするマインド

私がどうやって失敗から復活したのか

ここまでは失敗の特徴について解説してきました。私も全ての道を通っていますし、それでも現在年間数百〜数千PIPSを稼ぐことが出来るようになりました。

私がどのように復活を遂げていったのか、リアルに取り組んできたことの中で、よかったことをまとめました。

現在すでに失敗したと感じている人もこの記事をみて、億トレーダーを目指す希望を持って欲しいと思います。FXは夢のある仕事ですからね。

それではどうぞ。

一から知識を見直す

FXで失敗したと感じてから一旦相場を離れました。確か数日〜数週間くらい。チャートを開いていなかったと思います。

そこから再度FXは夢があると何故だか最初の頃の気持ちを思い出しました。そこからは一旦自分が持っている知識を洗い出しました。そしてそれを見直していきました。

どの知識に詳しくて、どの知識が乏しいのかや、知っているけど、全く使っていない知識など、ありとあらゆる知識を整理しました。

そしてそれらをこれからどう使っていくのか。それらを考えて検証をガチですることに決めたのです。ちなみにここから検証を半年一生懸命しましたが、それでもトータルでは勝つことができませんでした。この時、FXの難しさを知りました。FXを初めて1年以上が経過していましたね。

そこから今現在勝てるようになったわけですが、ここに至るまでにはひたすら同じことを繰り返しました。

同じことというのは失敗して頭を冷やして、相場を離れたりして、また再開して検証を続ける。ひたすらこれを何回も繰り返していましたね。

でも少しづつではありますが、学びの濃度が濃くなるんですよ。1回目の検証では気づかなかったことに気づいたり、知識がだんだんとリンクするようになってきたんです。

常勝トレーダーへの道はひたすら失敗して知識を整理して検証を繰り返す。これしか無いんじゃないかと思ってます。

トレード履歴を残す

検証していく上で役立つのがこれですね。自分の毎回のトレードがどこがよくてどこが悪かったのか、それをひたすら考えます。でも最初のうちはわからないことだらけで、トレードのどこがよくてどこが悪かったのかという分析さえも質は薄いです。

これも繰り返していくしかありません。私の場合デイトレやスイングをずっとやってきたので、トレード回数がめちゃくちゃ多いわけではなかったので、分析の質が上がるまで時間もかかりましたよ。

でもトレード履歴をつけていなかったらこれらを分析することもできないですから絶対に履歴を残した方がいいです。

ちなみに大事なことはトレード前までどう相場を捉えていたのか、とポジション保有中にどんな気持ちや相場を捉えていたか、と決済してから何を思ったのかということです。

1回のトレードでなんPIPSとれたかはあまり重要ではありません。どういった計画から実行までをしたのかというフェーズを残しておくことが重要です。

毎日復習と検証をするという習慣を作る

検証を繰り返したというお話をしましたが、毎日普通に8時間以上働いていて大変と思う人もいるでしょう。

確かに大変です。でも必ず1日のどこかで復習と検証をする生活習慣をつけた方がいいです。やる気とかそういう問題じゃ無いです。

生活に溶け込ませるくらい毎日決まった時間や行動を心がけて取り組みましょう。習慣にするということが非常に重要です。

習慣にできなければ継続は難しいですから。

土日休みの方はラッキーですよ。相場が止まっている間はその週、前の週など、ひたすら検証できますから。土日の使い方は濃度を高める上で重要だと思ってます。

トレードを繰り返す

これもやらなければダメです。

検証だけして自信がついたと思うのは勘違いです。ひたすら検証してそれをトレードで実践して、トレードで勝ち癖がつくことによって初めて意味があります。

検証だけ毎日5時間してます。という人がいますが、確かにすごいことです。でもそれを実践して使えるものにしなければなんの意味もありません。

トレードを繰り返すというのも大変なことです。実際に負ければお金が吹っ飛んでいくわけですからね。ちなみにデモトレードは最初のうちはいいかもしれませんが、ずっと続けるのはお勧めしません。リアルな自分のお金が増えたり減ったりするのをまざまざと見ることがメンタルに影響したり、ルールを守るということに繋がってくるからです。

デモトレードで勝率が高くてもリアルトレードで成績が伸びない人はたくさんいます。それはやはり人間だからでしょう。

メンタルを養うという意味でトレードを繰り返すことは重要です。

少しづつルール作りをする

ルール作りをしていくことで失敗を繰り返しづらくなります。というのも失敗した方法はルールから外せばいいからです。

ルール作りは大変な作業です。よくどうやってルール作りをしたんですか?と言われたりもするんですけど、それは一概には言えないんですよ。

少しづつ自分が良さそうだなと思うルールを入れたり外したりそれを繰り返しやるしかないんです。

だから最初からルール作りということに固執せずにまずはこれでやってみようということを少しづつブラッシュアップしていけばいいと思います。

まとめ:失敗を最大限に抑え、再起するために鬼作業しかない

失敗は確実にします。でも失敗をどう自分に生かすかが重要です。失敗して知識を整理して検証して、トレードして、また失敗してと繰り返すしかありません。

でもこの記事を見た人は私よりは失敗の数は減らせると思います。

なんとなく勝ちトレーダーへの道が頭に浮かびましたか?

そうです。今日から、今から鬼作業しましょう。

Twitterでリアルタイム相場解説を配信中!

FXではその場その場の状況対応が求められます。
注目ラインの解説や、現状の相場分析、その後の相場でどうトレードしていくのかなど、リアルタイムで配信しています。


Twitterへ

SNSでもご購読できます。

富永一力のおすすめFX口座はこちら