飲食店はブラック企業多すぎ!無理だと思ったらすぐに転職すべし!

飲食店はブラック企業多すぎ!無理だと思ったらすぐに転職すべし!

こんにちは。もとちかです。

飲食店マジやってらんない。暑いし、忙しいし、先輩はうざいし、休み少ないし、やめたいけど、人が足りてないからやめられない。家族がいるから簡単にはやめられないなあ。

そういった方に朗報です。

飲食店は働き方改革といえども、まだまだブラック企業は多数存在しています。そんなところで我慢して働いている意味はありません。

さっさとやめて新しい人生を送りましょう。

この記事でわかること

  • ブラック飲食店をやめる方法
  • 働いている本人も気づいていないかもしれないブラック飲食店の特徴
  • ブラック企業から転職する方法
  • 転職時におすすめな職業

こういったことがわかるようになります。ウツになる前にしっかり人生をやり直しましょう。

飲食店はブラック企業多すぎ!無理だと思ったらすぐに転職すべし!

飲食店はまだまだブラック化が残っているお店が多いです。そういった店はマインドコントロールをしてあなたにそのまま働いて欲しいだけです。

ブラックな飲食店で働くメリットはほとんどないので、すぐにでもそう感じる人がいたら転職することをおすすめします。

日本人は我慢が美徳とされているので、つい我慢してしまう人が多いですが、我慢は無用です。自分のチャンスを潰しているとも言えるかもしれません。

自分にはこれしかできない自信を持てない人も安心です。必ず今の仕事以外にあなたの価値は見出せます。

視野が狭くなっているのは、すでに洗脳されかかっている恐れがあるので、この記事で一度頭をリフレッシュしてもらえたらと思います。

ブラック飲食店をやめる方法

ブラック飲食店はいわゆる長時間労働、低賃金、パワハラなどが普通に起こっている企業です。

そんなブラック企業をやめる方法は簡単です。

辞めますといいましょう。

そういえない方にも朗報です。退職代行サービスというものを知っていますか?今や退職代行サービスというものがあります。

その名の通り退職を代行してくれて円滑にやめることができるサービスです。

現代ではSNSなども普及し、個人でも稼げる時代ですし、そもそもブラック企業に勤めていて、メリットって何ですか?

稼ぐだけだったら、もっと色んないい仕事があふれています。勇気のいることかもしれませんが、実はやってみるとよかったと思える人がほとんどのはずです。

思い切って辞めて人生がハッピーになった人の方が圧倒的多数です。自分の狭い視野をもう一度見直すチャンスです。

退職代行サービスが気になった方はこちらを見てください。実際に使ったことのある人の意見も多数存在しています。自分を追い詰めているのは自分であることに気がつけると思います。

働いている本人も気づいていないかもしれないブラック飲食店の特徴

実はブラックな働き方をしていることに気づいていない人も多いかもしれません。ということでどんな飲食店がブラックなのかをご紹介します。

1、長時間労働低賃金

昨今では働き方改革の動きもありまして、月の労働時間が50時間以内でないといけないというルールができました。ですが、飲食店の場合、タイムカードは手書きだったりするところが多かったり、労働局に怒られるから、この時間でついてと言われたりします。

労働局に怒られるってことはすでにそれって怪しいことをしているということに気づいてください。

また最低賃金も各県によって違いますが、私が住んでいる新潟県では803円が最低賃金です。これは月給労働の人も同じで、労働時間と賃金から時給を割り出して最低賃金を下回っているなら、それは違法です。

また残業代も25%増しが決まっているので、残業代が増えていないということもおかしな話です。働いているのであれば働いている対価をもらえないというのはその店の個人のやり方です。国がそれはダメだといっているので、労働局か退職代行サービスに頼ったほうが無難だと思います。

人手が足りず、仕事が大変すぎるし、休めない

これは上記のような残業代にも関わってくるかもしれませんが、飲食店は世の中にある職種の中でも利益率が低い業界です。そのため人手を使いすぎると経営者が儲からなくなるので、人手をギリギリで回してる店が多いです。

この人数でこの仕事量はエグすぎるという経験をしたことのある飲食店従事者も多いのではないでしょうか。お盆や正月など繁忙期だけというならまだわかりますが、通常時もそれが続いて、労働の割に給料が安すぎると思うようなところは危ないです。

しかも挙げ句の果てに休みがないというのもよくある話ですが、残業時間が制限された今、休みがないというのはブラックです。

いまだに2ヶ月くらい休みのない店長とかがいっぱいいるみたいです。休みのない雇われ店長に何の意味がありますか?

もっとしっかり休みを取れて働ける会社は確実に存在します。

なんどもいうようですが、飲食店の従事者は思考停止して視野が狭くなってしまっている人が多いです。一度見つめ直してもいいんじゃないかと思います。

クレーム対応が辛い、社員の失敗は社員のせい

お客さんの対応に対して受け答えするということは簡単なことではありません。メンタルに大きな負担がかかるものです。

また失敗してお客さんに迷惑をかけた時も、確かに事実上迷惑をかけたのは本人かもしれませんが、その人の責任なんてのは雇われている以上ありません。全責任は経営者にあります。

自分ができないせいだと落ち込んで鬱になる人もいますが、そんな悲観しないでください。誰しもパーフェクトフューマンじゃありません。ミスもしますし、できないことだってあります。

改善する努力は必要かもしれませんが、改善する価値のある店なのかという疑問も持って欲しいと思います。けつ持ちは社員ではありません。経営者です。

ブラック企業から転職する方法

ここまでで、自分の立ち位置を何となくわかった人もいるんじゃないかと思います。ここからはいよいよ新たなるハッピーライフに向けたお話です。

飲食が嫌いでやめる人は意外と少ないと思います。

飲食店は割と大変だし、給料もバカいいわけじゃない。でも働きたいと思っている人が多い業界だからです。

人間の3大要素。衣・食・住のうちの一つですから興味を持つ方も多い業界です。

ですが、ブラック飲食店で働く必要なんてありません。そのほかの業種だってあるし、飲食店もそこ一つだけではありませんからね。

いくらでも違う道があることに気づいてください。

近場で、違う飲食店を電話やハローワークで探すのもありでしょう。雇いたい飲食店もゴロゴロいますからね。

ですが、今のネットの時代で現れた転職サービスは質が高いです。それは変なところに転職させまくっていたら、たちまち潰れてしまうので、質のいい会社を多く取り扱っています。

ネットで簡単に検索できるので、転職サービスもおすすめです。

おすすめは何個もありますが、多すぎても選ぶのが大変なので、本当にいいものだけに絞りました。

ゲキサポ!転職(転職支援コンサルティング)の無料カウンセリング

ツギナニスル

どちらも無料カウンセリングがあるので、まずは自分の置かれた状況や意思を伝え、相談してみるといいと思います。

どちらを選んでもしっかりしたサービスですので安心してご利用いただけます。

転職時におすすめな職業

最後に私がおすすめする職業をご紹介しておきますので参考にしてもらえればと思います。

  • エンジニア
  • 動画編集
  • webマーケティング
  • コンサルタント

エンジニア

これは私のブログでも度々いっていますが、エンジニアはこれからの時代にも需要が高まりますし、給料もいいです。未経験でも採用してくれる企業は多数あるので転職サービスの方に聞いてみるといいと思います。

エンジニアの場合フリーランスになって一気に給料をあげることも可能な世界です。難しいように感じる人も多いかもしれませんが、簡単にいって仕舞えばパズルを組み立てていくだけなので、そんなに難しいことはないです。

手に職をつけられるいいスキルだと思いますのでおすすめです。

動画編集

今やyoutuberが増えてきて、実は企業で動画編集をする仕事を増えています。まだまだ動画編集できる人は少ないので、今後未経験でも採用して成長させる企業も増えてくるだろう業種です。youtube市場は今後も伸びていくことが確実視されているので、就職できれば今後も期待の大きい仕事です。

webマーケティング

webマーケティングの世界は資格もいらないですし、未経験採用を多く取っている会社が多いです。どうやったらwebのツールを使って、企業の売り上げを手助けできるかということをしている会社のことです。

飲食店経験者の方なら飲食店へのマーケティングもできますし、飲食店はまだまだマーケティングに力を入れていない店が多いので、そういった店のマーケティングを考えるような仕事もあるでしょう。

料理のスキルではなく売り上げをあげるスキルが身につきますし、飲食店の気持ちがわかるなら営業やマーケティングも考えやすくおすすめだと思います。

コンサルタント

これはwebマーケティングとかぶる部分もありますが、経営をいいものにするために企業のお手伝いをする仕事です。

飲食店で働いていたならば飲食コンサルタントに就職することもいいのではないかと思います。自分で働いていた時の改善点、よかった点を思い出し、飲食店をサポートしていけるので、今までの努力も活かせるでしょう。

最初は飲食店え働くこととは全くの別物で抵抗あるかもしれませんが、コンサルタントに就職できたらそこで学べることは今後に必ず生きてきます。資本主義のあり方をしっかり身につけられるチャンスにもなる仕事です。

まとめ

まだまだブラックな飲食店は多数存在します。自分の置かれている状況をもう一度見直し、新たなハッピーライフを過ごせる方向に努力しましょう。

もし近くでブラック飲食店で消耗している人がいたら、この記事を紹介してもらえると助けられるかもしれません。

鬱になる前に新しい人生を見つけましょう。

SNSでもご購読できます。

富永一力のおすすめFX口座はこちら