webサイトのマネタイズの方法まとめ

webサイトのマネタイズの方法まとめ

昨今ブログや、webメディア、webサービスの作成など、労働型ではなくストック型のビジネスモデルに取り組む方が増えていますが、あなたはどのようにマネタイズしていますか?

ブログなどを始めるにあたっていくらPV数が稼げてもそこでマネタイズできなければそのサイトの価値は薄いはずです。

できたら最初からマネタイズの戦略ありきで設計することがいいですが、現在サイト運営中の方でも今回の記事でマネタイズの方法を参考にしてもらい、どういった形でサイト構築を進めていくべきかの参考になると思います。

webサイトのマネタイズの方法まとめ

こんにちは。もとちかです(詳細プロフィールはこちら)。

当ブログも3ヶ月以上が経ちまして、マネタイズについてもこのブログに組み込んで行こうかと思いましたので、それを機にマネタイズの方法をまとめておきます。

アフィリエイト広告

ブログをやっている方だったらまず頭に浮かんでくるマネタイズの方法ではないかと思います。これをコンバージョンさせるために作っているブロガーの方も多いと思います。

アフィリエイト広告とはASPなど、広告案件を紹介しているサイトから広告を選び自分のサイトに貼り付けて、ユーザーがクリックしてくれたり、そのリンク先の商品を購入すると、報酬が支払われるというものです。

多ジャンルがあり、ASPの種類も豊富ですし、広告を貼るだけなのでとても簡単な方法です。

ブロガーやアフィリエイターの方は主な収益はこれが大きい方が多いと思います。

そのほかにも自分自身で、他社のサービスと連携することもアフィリの一つです。ASPではそのサイトに紹介しているものしかうることができませんが、自分自身で広告の開拓は可能だということです。

それにより、報酬単価も交渉しやすくなりますし、より深くそのサービスについての知見も高めやすいと思います。

地域メディアだとASP案件というよりもこちらの広告のやり方の方が王道になってきますね。

Googleアドセンス

これもポピュラーな方法ですね。ただGoogleの広告を貼るだけで、クリックしてくれればクリックするだけ報酬が入るというものです。

googleアドセンスは単価は安めなので、PV数がないサイトではほとんど収益がないようなものかもしれません。

よく駆け出しブロガーさんなんかが10円収益が発生しました。とか書いてありますが、とりあえずであってもそんなに嬉しくはないですよね。

そもそも生活の足しになるくらいの収入は目指しているでしょうから数十円は大したことありません。

ただ何十万PVものアクセスが取れるようになると数万にはなると思いますので、そうなってからつけるでも全然ありかなとか思ったりします。

ユーザビリティ的にはなくてもいいものなので、とりあえず貼っておくことは個人的にはしなくていいんじゃないかと思うものになります。

自社商品を販売する

私の中ではこれが最もいいんじゃないかと思っているものです。

最近では有料noteというものがありますので1万以下の有益な文章を売ることができます。これで稼いでいる人はとても多くなったように思えます。

これを売るためにSNSやyoutubeをやっている方もいらっしゃいますね。これだけで月に1000万以上売っている人がいるので驚きです。

個人のブランディングができればとてもいい方法だと思います。

これ以外にもいろんな物があって、自社の教養商材を動画形式でまとめて販売したり、オンラインスクールなども販売している方もいます。

情報商材はオワコンといっている人もいます。確かにネット上に転がっている情報を集めればそれなりの情報は得られるものです。

ですが、それをパッケージ化してまとめた物を売るということはネット上の情報を選別することなく、手に入るのでこれからもあり続ける商売になることは確実です。

そして、最近のGoogleのアルゴリズムが何者かしれないアフィリ広告だけをペタペタ貼っているサイトはどんどん衰退しています。これはGoogleがユーザーファースト色を強めているようで、おすすめの本まとめ50選みたいなものは本当にユーザーのための記事ではないのではないかということがありますので、そういった記事は淘汰されていく傾向にあるようです。

そんなGoogleですが、自社商品を売るというのは筆者が本当におすすめしているものということが言えますので、これからも生き残りつつ、SEOに反映されていくということも濃厚です。

そのために自社商品を持つということはこれからの時代、最も重要なことだと思っています。

それに何と言っても自社商品なら直で自分に収入が入ってくるので、大きいですよね。説明もとても詳しく書けると思います。

これからのサイトビジネスは自社商品を売るという時代なのです。

SNSでもご購読できます。

富永一力のおすすめFX口座はこちら