FXの損切りの仕方【結論:自分の想定違いになったら】

FXの損切りの仕方【結論:自分の想定違いになったら】

こんにちは。もとちかです。

FXを興味はあるけど始めていないという方はまずはこちらをどうぞ。

FXの始め方【FXってそもそも何?という人からでも大丈夫】

FXをやっていると、いまいち損切りをどこに置いていいかわからないという場面もあるかもしれません。

それは、様々な相場がある中で当たり前であり、自然なことです。

ですが、そこにはなんとなくという理由で損切りをすることはトータルで買っていく中ではよくない思考です。

じゃあどうやって損切りするのか。

FXの損切りの仕方【結論:自分の想定違いになったら】

結論、自分の想定と違う状況になったらです。

想定と違う状況といってもとても抽象的ですよね。

それについて詳しく解説していきます。

そもそもFXでは損切りを決めておかないと、いけないのか?という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、それは決めて置いた方がいいです。

というのもFXではメンタルにより、損切りしたり、利確したりすることによって、無駄に多めの損切りをしてしまったり、利益を伸ばせるところを伸ばせなかったりすることがあるので、エントリー時に損切りと利確をある程度どうなったらするのかを決めて置いた方が得策です。

今回は損切りにだけ着目して書いていきます。

想定とは違う状況を認識できるか

まず大事なこととして、そもそも想定とは違う動きになるということは、想定がしっかりあるということです。

つまり、どうなるだろうというこれから起きる想定をできるだけできるようにならなければいけないということです。

これについては実はかなりの検証量が必要になってきて、簡単にトレード後の動きを想定することは難しいことです。

知識や検証が少ないとほとんどの動きが想定外になってしまうので、即損切りということが多々起こってくるため、利益につながるトレードでも失敗に終わってしまう可能性も高まってしまうわけですね。

今回はそういったまだまだ検証が足りない方でも参考にできる方法をご紹介したいと思います。

トレンドが変わるポイントに損切りを置く

これが最もわかりやすい損切りポイントを置ける場所だと思います。

しかも想定とは違う動きということにもつながります。

例えば次のような場面でエントリーしたとします。

赤い矢印でブレイクエントリーショートした場合、下落トレンドが発生していますので、その戻り高値である赤い水平線から5PIP〜20PIP上に設定することがいいです。

ショートをするということは下がると思っているわけでトレンドが崩れればもちろん下への圧力が下がるわけなので、そこに設定しておくと、わかりやすいですし、下がらない要因ができたというポイントとなります。

利確と損切りを同じ幅にする

これは超初心者の方向けの話ですが、まずはこれでやってみることもいいと思います。

というのも損切りと利確が1:1であれば、勝率さえ高ければ勝てる可能性が高まるからです。

トータルで勝てるかどうかは損切りと利確の比勝率1回のトレードの値幅でだいたい決まってきます。

毎回20PIPをとるトレードを継続するなら、損切り利確比が1:1であればあとは勝率のみでトータルの勝敗が決まりますからね。

やっている方であればわかると思うんですが、勝率が高くても勝てないとか損切り利確比がよくても勝てないということが起こるんですよね。

でも1回のトレードの獲得PIPと損切り利確比が1:1であればあとは勝率のことだけ考えていれば言い訳です。

初心者の方には1回やってみるといい方法なのではないかと思います。

初心者の方があれやこれやいろんな知識をいれまくっても勝てないのは、その一つ一つが曖昧な理解であったり、知識を増やしたせいでうまくマッチングできていないということが起こってしまうからです。

それを避けるために一つ一つ検証するのにはこの方法が向いていると思います。

まとめ:損切りを決めて検証していくことが重要

ここまで読み進めればわかったと思いますが、簡単に損切りを習得することは難しいです。

ですが、一つ一つ検証しながら、自分のメンタルはこの方法が一番安定するなとか、この損切りが一番自分の性格に合っているということを発見できれば、メンタルも安定しますし、ルールの統一化をすることにより違う知識への検証にも繋がっていきます。

簡単に成長することはできないので一つずつやってみてください。努力の仕方についてはこちらの記事もどうぞ。

毎日の努力をループ化する方法【私もやっています】

究極は想定違いの動きになったら損切りということです。それを出来るようになると、トレードの質が格段に上がります。

トレードの質を高めるための検証ツールはこちらがオススメなのでぜひ利用してください。世界中でも使っている方が多数のMT4というツールです。


MT4プラットフォーム

SNSでもご購読できます。

富永一力のおすすめFX口座はこちら